耐震改修のポイント


劣化部位の改修は最優先です。



屋根や壁の雨漏りから生じた柱や梁の劣化、シロア腐朽菌による
土台や軸組の
劣化対策は耐震補強より優先順位は高くなります。


劣化対策が済んでから、或いは劣化対策と並行して耐震改修を進めます。






基礎を除く上部構造耐震補強の要素は、3つの項目です。


@ 壁の補強 → 壁量を増やす、より強い耐力の壁に改修する。

A 床面の補強 → 床下地に構造用合板をはる、大きな吹き抜けを塞ぐ。
              水平ブレースで補強する。

B 接合部の補強 → 土台・柱・梁・筋カイ・火打ち材などの
               接合部を金物で補強する。  



以上ですが、木造住宅の耐震性能は壁の働きによる部分が
一番大きいので、壁の補強が中心になります。


補強工事の方法は外側からと、内側からの2種類ありますが、
どちらがメリットがあるか、事前に施工者とよく打合せをします。
特に居住しながらの工事は、生活に支障をきたさないように
工事方法を確認してから進めて下さい。


基礎については既存部分に新たに基礎を増し打ちしたり、
FRP格子筋や炭素繊維で補強するなどの方法がありますが、
各々メリット・デメリットがあるので既存基礎や周囲の状況など
総合的に検討します。


耐震改修用部材の開発も進み、既製品の販売も増えているので、
施工性や要求する耐震性能に適合した部材を選びます。


上部構造、基礎とも専門的な知識や経験が不可欠ですので、
信頼できる設計者・施工者選定が大切になります。

リフォーム工事に併せて耐震改修を実施すれば、各々単独で
行なうよりも工事費や工期の面でメリットがあります。






下は金物の筋カイと壁用補強パネルの参考例です。

    

金物筋カイ




端部拡大





壁用構造パネル





適切な耐震改修を実施することで、

安心して我が家に住み続けることができます。