木造住宅の耐震診断


  建物の地震に対する強さを調べるのが
耐震診断です。

  診断結果は、震度6強程度の大地震が発生した場合の、
  建物が倒壊する可能性を数値で示します。

  1を基準に数値が大きくなれば、安全度が高くなり、
  小さければ低くなります。

  診断結果により下記のように判定されます。

  1.5以上        : 倒壊しない    
  1.0以上〜1.5未満  : 一応倒壊しない
  0.7以上〜1.0未満  : 倒壊する可能性がある。
  0.7未満        : 倒壊する可能性が高い



  昭和53年の宮城県沖地震の教訓をもとに、昭和56年(1981年)に
  大きく建築基準法の耐震基準が改正され、この年を境に、
  新耐震以前・以後建築物と呼ばれ、耐震性能にも
  大きな差があります。

  昭和56年以前の住宅に補助金を交付し、耐震診断を薦めている
  自治体が多いのはその為です。




  もっと詳しく知りたい!
@ 診断方法を知りたい!
A 診断結果の見方を知りたい!
B 改修のポイントを知りたい!





  耐震改修促進法に基づき、住宅の耐震化率を平成27年までに
  9割以上にすることが目標として設定されています。


  耐震化を進める為に、期間限定で税法上の優遇措置があります。
  但し、改修後の診断評点が1.0以上確保されることが条件です。

             



千葉市耐震診断・耐震改修補助制度トップページ 
   

     

千葉市木造住宅(耐震診断)補助制度のご案内
   

          平成29年度受付は 5/8(月)〜5/31(水)です
               


千葉市木造住宅(設計・工事)補助制度のご案内
   

          平成29年度受付は 5/8(月)〜5/31(水)です


千葉県耐震改修促進計画

   
耐震化に取り組む千葉県の施策がわかります。


財団法人  日本建築防災協会

『誰でもできるわが家の耐震診断』
 
   自宅の耐震チェックが簡単にできます。